小顔施術の流れを知ろう

小顔施術の流れ整った美しい輪郭は、ルックスの完成度を高めてくれます。小顔施術はその輪郭を簡単に手に入れられる美容外科施術。その方法は大きく2つあり、メスを使わない方法と切開による手術を行う方法です。

いずれも、施術前に十分なカウンセリングを行います。このカウンセリングで、理想のフェイスラインを納得するまで詰めることが成功のカギ。そこから予算や要望によって施術方法を決めていきます。

その後、施術の日程を決めて実際に施術を行い、施術内容によって痛みを除去する治療も。最後に、理想の結果になったかどうかを徹底的にフィードバックして満足するものになって初めて小顔施術は終了になります。

小顔施術の大きな特徴を学ぼう

【顎】
引っ込んだ顎、長い顎、たるんでしまった顎…髪型などで隠しにくく、人目に触れやすい顎をどうにか改善して自信を持ちたいと思っている方も多いはず。施術にも、コストをかけずに顎のラインを変えたいという方には注射、半永久的な効果を求める方には、プロテーゼと呼ばれるシリコン製の部品を口の中から挿入する施術があります。他にも永久的な効果を求める方には、顎の頬を外科手術によって削る方法などがあります。
【エラ】
エラの骨が目立ち、顔が大きく見えてしまうという悩みを抱えているケースが多くなっています。エラのコンプレックス解消には大きく分けて2つの施術方法があります。一つは、エラボトックス注射と呼ばれ、噛み締めた時に出来る咬筋と呼ばれる筋肉に作用して、エラの張りを小さくします。たった5分程度で自然に改善するため、手軽にトライできる施術として人気があります。もう一つは、エラを削る大きな手術があります。この手術は、口の中から削れば傷跡も目立たず、長期的な効果も望めます、重要なのは、納得できる手術方法を採用しているクリニックを選ぶことです。

小顔施術で本当にかわいくなれる?メリット・デメリットをチェック!

小顔施術では、理想のフェイスラインを手に入れられます。でも、施術方法によるメリット・デメリットはしっかり把握しておくべきです。しっかりと学んで、自分に合った施術方法を選びましょう。

注射による施術のメリット・デメリット

【メリット】 【デメリット】
・施術時間が短い
・傷跡が残りにくい
・すぐメイクができる
・コストがかからない
・定期的な施術が必要

外科手術による施術のメリット・デメリット

【メリット】 【デメリット】
・効果が長期的 ・施術に時間が必要
・入院が必要
・傷が治るまで痛む場合がある

小顔施術はどんな顔タイプに向いているのか?

・理想のフェイスラインになりたい
・顎が引っ込んでいる
・顎やエラのでっぱりが気になる

上記で悩んでいる人、何とかしたいと考えている人はまずはカウンセリングからどうでしょうか。顔の形を決める小顔施術を受けるには、高い技術と最新機器、サポートが整っているクリニックを選ぶのがベスト!

>おすすめのクリニックはこちらからチェック!

このページの先頭へ