最近では、美容整形を受ける人はかなりいるようです。一昔前ならちょっとした美容整形を受けることを「プチ整形」なんて言ってその手軽さが話題になっていたこともありました。そんな美容整形の方法でメスを使用しない脂肪吸引として話題の脂肪溶解注射というものがあります。

もともとは血管硬化などの治療に使われてきたもので、皮下脂肪のあるところならどこでも注射することが可能です。痩せたい部分にだけ、効果が期待できて、主原料はレシチンというアミノ酸の一種のものを直接、皮下脂肪層に注入する方法です。

このような美容整形を聞くと、当然のことながら心配するのは、副作用ですが脂肪溶解注射の薬剤は、血液中の脂質量を改善する薬として使われてきた実績があり、 皮下注射においても重篤な副作用の報告はないものであって、分解された脂肪組織は、血中から腸管を経て体外に排出されます、

従って体内に残って悪影響をもたらすという心配もありません。美容整形の新しい選択肢と言えます。

このページの先頭へ