胸というと、男性目線の話しになりがちですが、女性が気になっていることがあります。女性的な意味合いで言えば、胸は大きいほうが、女性としての魅力は増すのかもしれません。しかしながら、胸が大きいゆえに悩んでいる方が多くいるのもまた事実。

よく言われるのは、西洋では、ブロンドで胸が大きい女性は能力が足りないといったようなこと。これは、まったくの偏見ですが、胸が大きく女性的な部分が強調されると、その分ビジネスや勉学といった分野での評価は下がってしまうというものです。

また、スポーツの分野でも、胸が大きいということは必ずしもプラスには働きません。たとえば、長距離ランナーは体を絞りに絞って体脂肪率を下げます。よって、トップランナーにはグラマラスな女性は見かけませんし、競泳選手も水の抵抗を下げるために体幹を鍛えぬきますので、胸が大きい体形はトップスイマーを目指すには不利です。

このように、視点を変えるだけで、胸の評価ががらりと変わることは、大変興味深い点です。

このページの先頭へ