あごの手術にはどんなものがあるのか

あごの手術で多いものは、事故などによる怪我です。転んであごを切ってしまうということがあります。傷跡ができるだけ残らないようにするためにも、早急に手術をした方がいいと言えます。

それから、最近では美容整形としてのあごの手術が増えてきました。あごが少し長いとか、出ているなどの見た目の問題を気にする人にとって、あごを削りたいと思うことがあるのです。コンプレックスとなり、精神的にも身体的にもダメージを受けるようであれば、思い切って美容整形を受けてみるというのもいいかもしれません。

また、若い女性に増えてきている病気の一つとして、顎関節症が挙げられます。知名度も高くなってきたので、知っている人もたくさんいるはずです。顎関節症はひどくなってしまうと、痛くてものを食べることができなくなってしまいます。歯並びなどの歯による疾患から罹ってしまうこともあるため、定期的に歯科に通うことをお勧めします。顎関節症の程度によっては、手術を余儀なくされることもあります。

このページの先頭へ